雨、(本当に)逃げ出した後

前回のログで牧草切込作業の様子を紹介していましたが、その後北海道全域で雨の日が続き鹿野牧場では牧草収穫がすっかり滞ってしまっています。

切込作業は終わっているものの、30ha程の牧草地で収穫できていない状況です。

来週からは天気が回復する予報なのでそこでなんとか頑張りたいところです。


昨日は家族プラスM浦君で「国際農業機械展in帯広」へ行ってきました。

4年に一度世界中の農業メーカーの最新鋭の農機具と技術が集結するとあって会場はかなり混雑していました。

写真を大量に撮ってきたので展覧会の様子を紹介します。

s-300714-01.jpg

最近のトラクターはデザイン性が高いものも多いです。

s-300714-02.jpg

普段このあたりではなかなかお目にかかれない大型のトラクター。

s-300714-03.jpg

装着されている作業機はパワーハロー。巨大すぎて折りたたんで移動します。鹿野牧場にあるパワーハローの3倍以上の大きさです。

s-300714-00.jpg

コックピットに試乗できるものもあり子供たちも喜んでいました。

s-300714-05.jpg

こちらはニューホランドのブース。鹿野牧場でも以前はこちらのフォーレージハーベスターを使っていました。

s-300714-06.jpg

日本では未発売の400馬力を超える大型トラクター。ちなみに鹿野牧場で一番大きいトラクターで110馬力です。

s-300714-07.jpg

近未来を感じさせるデザインも。

s-300714-08.jpg

フォーレージハーベスター担当のM浦君も最新の機械に興味津々。

s-300714-09.jpg

様々な趣向が凝らされた展示が目を楽しませてくれます。妻と子供たちが特に喜んでいたのがこちらの手作り牛舎模型。ちなみにソーワテクニカという主に畜産用扇風機を扱っている会社のブースです。

s-300714-10.jpg

除草剤を散布するズームスプレイヤーも数多く展示されていました。

この日は曇り空で、野外のイベント的には過ごしやすい気候でした。

写真が多いので今回はここまでにして、近々第二弾をアップします。

覚醒(始まったな)

6月より牧草収穫作業を行っています。

まずは非常に好天に恵まれた上旬に乾草ロール作業を行いました。

作業行程は、①モアコンディショナー(草刈)②テッタ(牧草乾燥)③ジャンボレーキ(牧草集積)
④ロールベーラー(乾草ロール完成)です。

s-300617-04.jpg

写真はモアコンディショナーで牧草を刈っているところです。

s-300617-01.jpg

良く乾かした牧草をジャンボレーキで集めている写真です。M川さんに担当してもらいました。

この後ロールベーラーで乾草ロールの完成です。

s-300617-03.jpg

出来立ての乾草を早速牛に給与。良い香りがするので集まってきて美味しそうに食べてくれます。

昨日からは切込作業を行っています。

作業行程は①モアコンディショナー②フォレージハーベスターによる収穫(牧草細断)③ダンプによるバンカーサイロへの運搬
④ホイルローダー踏圧⑤密封

s-300617-05.jpg

モアコンで刈った牧草をハーベスターで細断しながら収穫しています。担当はM浦君です。

s-300617-06.jpg

ダンプでバンカーサイロまで運搬します。

s-300617-07.jpg

運ばれてきた牧草はホイルローダーで薄くのばしながら踏み固めます。あまり傾斜をつけないようにするのがコツです。

s-300617-08.jpg

モアコン及びホイルローダーは僕の仕事です。

僕の雄姿は妻が撮影してくれました。

踏圧作業は牧場内で一番エラそうな人が行うのがミソです。ほかの作業者を待たせてもしっかり踏み込むことが重要であり、遠慮しないで待たせることが必要だからです。

しっかり踏圧することで牧草サイレージ(発酵飼料)の品質も向上します。

天気がよく全くトラブルも発生しなかったので2日間でバンカーサイロ一基詰め終りました。

鹿野牧場の機動力が発揮できました。

s-300617-02.jpg

途中、6/10にお姉ちゃんの通う小学校の運動会があり、伝統のよさこい演舞をとても頑張っていたので写真を貼っておきます。

完璧なユニゾン

s-300603-02.jpg

この数日間初夏の陽気が続き、早くもアゲハチョウが花にとまっていました。

s-300603-05.jpg 

家の横に植えている林檎の花も咲きましたが1週間ほどで散りました。

5月上旬から堆肥撒きを開始し、20日頃よりデントコーン播種作業を行いました。

s-300603-01.jpg

毎年恒例ですが作業行程は、①堆肥散布②ディスクハロー③パワーハロー④播種⑤鎮圧⑥追肥⑦土壌処理。

書いててこんなに多かったかという感じです。

パワーハローはM川さん、鎮圧はM浦君に任せました。

今後二人とも様々なトラクター作業ができるように指導していく予定です。

5月末に播種作業のすべての工程を終えることができました。

s-300603-04.jpg

今日圃場を見てみると早くも発芽が確認できました。

初期生育の天候は非常に重要です。数日間は好天が続く予報なのでさらに発育が進みそうです。

4葉期ほどで茎葉処理を行います。

s-300603-03.jpg

迷路を作ろうと家の横の畑にひまわりを植えました。

昨年はデントコーン用の真空播種機を使用してあまり密生しなかったので、今年は手動の肥料撒きを購入して肥料と共に播種しました。

覆土(種を撒いた後に土を被せる)にディスクハローを使ったためか若干発芽むらができてしまい、迷路ができるほど密生するか微妙です。

汎用札型決戦兵器

 300512-03.jpg 

またしょーもないものを買ったので写真を掲載しておきます。
(画像クリックで大きいサイズを見ることができます)

s-300512-05.jpg

暖かくなったので久しぶりにドローンを飛ばして写真を撮りました。

s-300512-06.jpg

このあたりはまだ山桜が咲いています。


このブログは社員の教育用にも使用していますので、今回は一年程前に訪問したふらの管内の優良和牛繁殖経営を紹介します。

<経営内容>
・繁殖和牛40頭
・分娩間隔370日(全国平均400日)

<分娩>
・分娩2.3日前に分娩房に移動。冬季は早めに移動し新生児の凍死が起きないようにしている。
・分娩後5日ほどは親に子牛をつけて初乳を飲ませ、その後ハッチに移動して人工哺乳に切り替える。

<分娩後の授精>
・分娩後30日以降の発情で授精している。
・平均授精回数は1.6回。

<子牛が産まれたら>
・初乳が明らかに飲めていない場合は人工初乳を与える。
・生まれた日に白血病対策ワクチン注射。
・生後約1ヶ月でマンヘミア・ヘモリチカワクチン注射。
・コクシジウム防止薬を飲ませる。
・生後10日程で牛伝染性鼻気勘管炎等ワクチンを鼻に噴霧。
・3ヶ月で5種混合ワクチン。
・風邪・下痢の治療は早めに行う。

<保育>
・子牛は生後5日ほどでハッチに移動、人工哺乳開始。
・一回に付き2リットルほど、スターターをたくさん食べるように心がけている。

<育成牛>
・配合2キロ、一番草飽食からスタート。
・4~5ヶ月で配合3キロ、6~7ヶ月で4キロ、8ヶ月以降は5キロを基本とする。

<その他>
・良質な乾草を作ることを非常に大切にしている。
・通常の管理作業以外に観察時間をきちんと設け、発情や体の変調に早く気付くことができている。
・今後罹るかもしれない疾病の予防対策をしっかり行っている。
・「特別な事は何もしていない」とのことだが、基本的な事がしっかりできていることが簡単なようで非常に重要な事だ。

s-300512-02.jpg

子牛はある程度で2頭飼いしていた。

s-300512-01.jpg

こちらはもうすぐ出荷前の生後10ヶ月の元牛。

ここの元牛は市場で非常に人気が高いということです。

MAGI (CASPER)

s-300502-04.jpg

東京旅行から遅れること一ヶ月、ようやく北海道も桜の開花を迎えました。

s-300502-05.jpg

毎年恒例ですが、写真はこのあたりでは有名な桜スポットの東大演習林。

s-300502-01.jpg

4月下旬、畑も乾いたので牧草畑の肥料撒きを行いました。

今年からトラクターにガイダンスというGPS機器を取り付けました。

モニター上で肥料の撒いた箇所が塗りつぶされていくのを確認しながら作業するので、かなり作業むらを軽減することができます。

例年より随分楽に肥料散布を終えられました。

自慢するためにM浦君を呼び出し、ガイダンスを使った肥料撒きを体験してもらいました。

初めての肥料撒きとなれないモニターを見ながらの作業であまりにもへたくそだったので、お手本を見せたところ、

M「こんなに技術の差があるなんて悔しいなあ」

鹿「何回もやればできるよ(当たり前だろ、何年トラクターやってると思ってんだ)笑」

s-300502-02.jpg

並行してM川さんにデントコーン畑の堆肥撒きを行ってもらっています。

ついに今シーズンの畑作業が本格化しだしました。

s-300502-06.jpg

昨年は青年部の部長だったので控えていましたが、暖かくなったので坊主頭にしました。

そういえば年度末恒例の僕の役職一覧を紹介し忘れていたので、改めてここで紹介しておきます。

ふらの農協青年部参与 Level up?
ふらの農協青年部南支部副支部長 New!
北海道農業士
空知川土地改良区総代
南富良野用水管理区副区長
南富良野家畜伝染自衛防疫組合監事
南富良野酪農振興会副会長
ふらの農協酪農部会理事
ふらの乳検組合副組合長 Level up!
ふらの南部酪農ヘルパー組合組合長 Level up!
南富良野西小学校父母と先生の会(PTA)監事 New!
金山保育所父母会会長 New!
金山地区子ども会会長 New!

青年部の部長が終われば楽になると思っていたのですが、なんだか増えたような・・・???

人気者はこれだから困ります。笑 はは・・・はあ

???「効いてる効いてる」

s-300502-07.jpg
プロフィール

hirovsushi

Author:hirovsushi
北海道、富良野管内で逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、ニゲチャダメダ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
PR