FC2ブログ

ネコの形をしたモノ、としか言いようがないわね

s-20240414-06.jpg

冬の間姿を見せていなかった猫のシマ(みかんの母)が、久しぶりに顔を見せてくれました。

いなくなったと思っていたので皆で喜びました。半年前よりずいぶん痩せた様子です。



s-20240414-01.jpg

3月市場に上場させた牛(2094)です。体重はそこまで乗せることができませんでしたが、良血統(勝早桜)に助けられてそこそこの値段で売れました。

s-20240414-02.jpg

こちらは4月上場の牛。鹿野牧場初の人気の福之姫の去勢ということもあり気合が入っていたので、290日齢で350㎏まで育てることができました。価格も市場平均を大きく上回りました。和牛素牛市場に参加を始めて一年、ようやく他の素牛農家と肩を並べることができるようになってきたかなという感じです。



s-20240414-03.jpg

話題は変わり、春休みは妻の両親と岩手に旅行に行ってきたので何枚か写真をアップしておきます。こちらは弟君がやってみたかったわんこそばの様子です。子供たちは頑張って30杯以上食べれました。妻も張り切って57杯いけました。楽しい思い出になったようです。

s-20240414-04.jpg

その後は歴史公園えさし藤原の郷へ。

s-20240414-05.jpg

時代劇などのロケで使われることも多いということで、なるほどこの写真は確かにタイムスリップしたかのような風景。

夜は鉛温泉藤三旅館に泊まり、今年金婚式の妻の両親のお祝いということもあり、楽しく過ごすことができました。



シマの息子のみかん君、お気に入りのネズミのおもちゃで楽しい遊びを覚えたので久しぶりに動画をアップしておきます。


時に2024年

今年もよろしくお願いします。

s-20240101-01.jpg

6月に生まれたみかん君(左)はすっかり大きくなりました。

オスだからなのか、かなりのいたずらっこです。



12月末に残っていたホルスタイン初妊牛を出荷し、完全に和牛牧場になりました。

最後に出荷した牛は40万円半ば程度の値段で、一番よかった平成30年頃と比べて約半値での取り引きとなっています。

あの頃は良かったな~。

s-20240101-02.jpg

昨年から改装していた元搾乳牛舎にも和牛が入りだしました。

離乳した生後3か月以降の育成牛を入れています。哺乳ハッチと同じ建物内で移動のストレスが少ないからか、トクフク(皮膚病)が発生しなくなりました。

s-20240101-03.jpg

昨日12/31に年納の分娩があり、オス牛が産まれています。

母牛は初めてのお産でしたが、分娩の軽い種(美国白清)だったため安産でほっとしました。

おめでとう1

s-20230918-02.jpg

8月の南北海道市場に上場させた2頭です。

手前の牛はやっと体重300kgに到達させることができ、成立価格も市場平均を上回ることができました。

7月の市場結果が散々だったこともあり、みんなで喜んで千歳市内の焼肉屋でお祝いしました。

ちなみにこの日は旭川市場も開催されており、残っていた搾乳牛はそちらで全て売却しました。

これで搾乳は完全に終わりです。妊娠しているホルスタインの育成牛がまだ数頭残っているので、順次売却していきます。お腹の中には和牛の受精卵が入っていますが、現在の売値は55万円前後で、一番良かった平成28年の半分以下の値段です。ホルに限らず牛の値段は全体的に低く、厳しい時代だなと感じます。

s-20230918-06.jpg

9月上場牛。

s-20230918-07.jpg

2頭とも8月の牛より体重を乗せることができました。

が、この日は市場全体で価格が低迷したこともあり、前回より10%以上値段が下落しました。

ただ、そんな下落相場でも本当に良い牛(血統や良好な発育)はしっかりと値段がついていたので、ゆくゆくは鹿野牧場もそうなりたいところです。



s-20230918-08.jpg

帽子を撮ってもらいたくて庭のリンゴの木の前での写真。くうの視線が痛い。

s-20230918-09.jpg

覆面レスラーがプリントされています。あまりにも気に入りすぎたため似た柄のネックウォーマーも注文。近日中にアップします。

s-20230918-00.jpg

庭のリンゴの品種は「ふじ」で、その受粉木に「つがる」を購入しました。

旭川の苗木屋さんで立派な苗木を発見。2メートルを越える大きさでしたが、ジムニーに無理やり詰めて帰ってきました。

雪が降る前に「ふじ」の隣に植える予定です。


今回は話題が多いのでここまで。後日続きをアップします。

みかん育成計画

s-20230804-00.jpg

コンビニの一番くじでゲットしたクリアファイルとハンドタオル。デザインが秀逸です。



ある日、地域の友人が近くで撮ったという動画です。



この親子は別の場所でも目撃されています。

年々熊との距離が近くなってきているので注意が必要です。



s-20230804-01.jpg

6/19より一番草の収穫を開始。

今年は奥様にツインレーキを担当してもらいました。初めての作業にも関わらず器用にこなしていました。

s-20230804-02.jpg

今年は好天に恵まれ、6月中に収穫を終えることができ、全て乾草ロールにすることができました。

s-20230804-03.jpg

早速給与。最近は良い牧草をふんだんに与えることができているため、飼育が非常に楽になりました。



s-20230804-04.jpg

7月末の約1週間は麦わらロールの収穫作業がありました。こちらは結構雨に降られて苦労しました。

s-20230804-05.jpg

7/29には金山湖水祭りがあり、妻と子供たちは花火を堪能してきました。

祭りなどのイベントも通常通り開催されるようになり、久しぶりに沢山楽しめる夏になりました。

続きを読む »

猫類補完計画第17次中間報告

s-20230614-01.jpg

鹿野牧場第1号和牛、早くも3産目を迎えました。

初産の時はなかなか母乳を飲ませなくて苦労しましたが、今ではすっかりお手の物になりました。

産子は雄だったので300日齢まで育てて出荷します。

これとは別に7月から9月にかけて数頭出荷予定です。



s-20230614-04.jpg

先週末は小学校の運動会がありました。

コロナ対策が緩和されたこともあり、4年ぶりに制限なく全てのプログラムが行われました。

子供達はもちろん、大人もとてもうれしそうで、楽しい一日になりました。

s-20230614-05.jpg

リレーを頑張る弟君(赤)。今回の運動会では随分と成長した姿を見せてくれました。



s-20230614-02.jpg

牛舎猫として活躍していたトラ猫のシマ。

妊娠が発覚してお産が間近と判断したので、少しの間自宅で飼うことに。

先日の深夜から早朝にかけて6匹産みましたが、50グラム前後しかない超未熟児だったこと、シマがお産当初母乳が出なく産まれた子猫の扱いがわかっていなかった等の理由で2匹まで減ってしまいました。

s-20230614-09.jpg

産後3日目にようやく母乳が出るようになり、残った2匹が順調に育ちだしました。

s-20230614-07.jpg

シマもようやく子猫の扱いがわかってきた様子。

シマは野良に近い猫だったので、これまでも人知れず生み落としては放置を繰り返していたのかもしれません。今回人が補助してあげることによって初めて母性が発現したのだろうと考えています。

s-20230614-06.jpg

最近近所で野良猫が増え過ぎていたので、なついていた雌二匹を避妊して保護しています。

白黒の方はよく舐めてくるのでペロ、トラ柄は立派な尻尾の持ち主なのでシッポと名付けています。

妻に言わせると僕の趣味は猫らしいです。
プロフィール

hirovsushi

Author:hirovsushi
北海道、富良野管内
逃げちゃだめだ逃げちゃだめだニゲチャダメダ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
PR