せめて、求婚者らしく

今日はふらの山P研究会の圃場巡回がありました。

この春より、山川氏により「多段光合成細菌」なるものが開発され、それを撒いた麦畑がどのようになっているのかを確認しました。

 s-270617-1.jpg

ここは副会長の秋まき小麦です。

前作は小豆で、小豆殻ごとロータリーをかけてそのまま小麦を播種、発芽後多段光合成細菌を散布という行程です。

今年は天候にも恵まれ豊作傾向とのことでしたが、それにしても良い生育状況です。

s-270617-2.jpg

見にくいですが、掘ってみるとこんな感じ。

地下30cmまで根がびっしり。それより下は礫層でした。この地域はとにかく石が多いとのことですが、30cmまでは当たることなく掘ることができます。

s-270617-3.jpg

一株当たり8~12本ほど枝分かれしています。多段光合成細菌散布により前年に多くの分けつがあったようです。

この後、研究会は帯広の山P実践圃場を見に行きました。

話題は変わり、6月初めより新入社員が入りました。

s-270617-4.jpg

M浦君は神奈川より鹿野牧場の求人を見て応募してくれました。

酪農はもとより、北海道も独り暮らしも初めてで不安もあったと思いますが、元気にやってくれています。

新品のプラグスーツが良く似合っています。

嫁さんをゲットできるよう、日々ファイト!

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hirovsushi

Author:hirovsushi
北海道、富良野管内で逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、ニゲチャダメダ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
PR