ヤマP、魂の座

今日はふらのヤマP研究会の役員会がありました。

当地区では、昨年より山川氏と共にヤマPを実践している圃場の巡回を行っており、今年も実施することになりました。

 僕も昨年の圃場巡回に飛び入りで参加し、山川氏と出会い、それ以来ヤマカワプログラムに夢中になっています。

また、6月下旬に現代農業という雑誌の取材が入ります。

ヤマP研究会会長の圃場を中心に、鹿野牧場にも取材が入るということです。

今日もヤマP研究会の役員の方々から、様々な有益な情報を得られました。

やはり、常に畑に向き合っている方々と話をするのはとても刺激になり、勉強になります。

今回は特に鶏ふん肥料についての情報が新鮮だったのですが、いつか紹介できればと考えています。

ヤマPを実践することでの成果も聞くことができました。

s-0616-1.jpg

鹿野牧場での成果についてですが、

写真はヤマPを実施しているデントコーン畑です。

ここはもともと水田で、かなりの粘土質、水はけが悪く水たまりができやすい圃場です。

6月に入ってから1週間以上雨が続き、水たまりができて、デントコーンが根腐れしそうでした。

しかし、昨日から雨が止むと、圃場にたまっていた水がすっと抜けていました。

以前では考えられない出来事です。

ちなみに以前牧場に視察に来てくれたM波さんと見た圃場です。

また、ほかの役員の方の話ですが、

6月の長雨の前に、かなりの干ばつの期間がありカボチャのツル、葉が枯れかかっていたそうです。

しかし、ヤマPを実践しているカボチャはツルがしっかりと伸び、葉も立っていたということです。

最近の激しい気象の変化に以前はお手上げ状態でした。

ヤマPを実践している圃場は、それに耐えうる可能性を秘めているなと実感しました。

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hirovsushi

Author:hirovsushi
北海道、富良野管内で逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、ニゲチャダメダ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
PR