FC2ブログ

掘るならば早くしろ、でなければ帰れ

例年通り5月の好天の後、一週間ほど長雨が続きました。

ようやく雨が上がり、夏らしい気温が戻りました。

 s-280607-6.jpg

子供たちが遊んでいると、早くもセミを見つけていました。

天気も良くデントコーンが発芽してきたので、ヤマカワプログラムを実施します。

s-280607-1.jpg 

畑に出向いて耕盤の土を採取しました。

去年以前の土のスープはあるのですが、畑の水たまりや発芽の悪い部分を解消するために土を採取しなおし新しく土のスープを作りました。

s-280607-3.jpg

長雨が続いたのもあり、排水性の悪い部分は水がなかなか抜けません。

s-280607-8.jpg

掘ってみると地下10cmほどに固い粘土質の耕盤層が存在しています。(写真中央あたり)

これより地下に水が行きにくくなり水たまりができやすくなるため、デントコーンも生育不良を起こします。

s-280607-4.jpg

耕盤の土を持ち帰り、ステンレスの鍋で水と土を煮て冷まし上澄みをろ過して完成です。

毎年ヤマカワプログラムを実施しているためか、土を煮ても以前のようなドブ臭さはしなくなりました。

s-280607-7.jpg

水はけのよい個所を掘るとこんな感じです。

耕盤らしいものは見られず、掘るのも楽です。

s-280607-2.jpg

土を採取しているとダイオウを発見しました。

これは播種前にパワーハローで砕かれた根から再生したものと思われ、ダイオウの生命力の強さがよく分かります。

ただこの土では耕盤が存在していなかったため、ダイオウの根は途中から枝分かれしています。

耕盤がある場合は、ダイオウの主根のみが耕盤を突破し深度層の栄養分を独占し反映します。

s-280607-5.jpg

播種間隔22cmに広げた畑も無事に発芽していました。

実際見ると各々の芽が相当離れているので、それぞれの根が干渉せずにのびのび育つのを期待しています。

これもシナリオのうちですか?

5/18から昨日までデントコーンの播種作業を行いました。

この辺りはこの数年5月中旬から一週間ほど真夏のような暑さになります。

今年も例外ではなく、一気に撒きつけを行いました。

s-280525-4.jpg

子供たちや犬のクウも外のお散歩が楽しそうです。

s-280525-5.jpg 

作業行程は

堆肥散布→ ディスクハロー→ 肥料散布→ パワーハロー→ 播種→ 鎮圧→ 土壌処理

なかなかの多さで、トラクターは3台体制です。

発芽後にはヤマカワプログラムの光合成細菌と土のスープも散布します。

s-280525-3.jpg

写真はディスクハロー。

圃場を切るように10~15cm程粗く耕起します。

この辺りの土地は非常に石が多く、場所によっては石を拾いながらの作業でした。

s-280525-6.jpg

弟君に見送られながらトラクターに真空播種機を装着して圃場に向かいます。

今年のデントコーン作付はかなり大胆な変更を行いました。

まず、化学肥料の施肥量を従来の10a当たり100kgから60kgにまで減量しました。

毎年秋と春に欠かさず堆肥を散布しているのだから土壌中の栄養分は十分だろうと判断し、あとは根がいかにそれを吸収できるかを考えました。

今まではまず前走で畑全体に肥料を撒いた後に、播種機についている肥料タンクでも植えた種の近くに肥料を投入していました。

s-280525-1.jpg

播種機を後から見るとこんな感じです。

白い箱にコーン種子が入っており、その奥の赤い箱に肥料を入れることができます。

今年はこの赤い箱は使わず、前走でブロードキャスターを使って畑全体に肥料を撒くだけにしました。

今までだとコーンの根は近くにある肥料を求めて伸びていたため地表近くに多くの根張りを見ていましたが、こうすることで広く深く伸びると考えています。

もう1点、これはまだ試験的に1haのみの挑戦ですが、播種間隔を従来の17cmから22cmにまで広げました。

こうすることで株同士の根張りの競合を避け、一株当たりの栄養価を高めることができると思います。

ただ従来の収穫量を確保できるか不安な面もあるため、今年は限定的に実施しました。

ちなみに他の圃場の株間は18cmです。

山川氏には株間を広げろ広げろと言われ続け、毎年恐る恐る1cmずつ広げてきました。

s-280525-2.jpg

これはまた違う日のお散歩の写真。

先週の播種中、久しぶりに山川氏の訪問がありました。

空知地方に指導に行った帰りの道中ということで、以前ブログで紹介したスラリーを活用して肥料を減らした牧草畑を見ていかれました。

随分良くなったとお褒めの言葉を頂けました。

他にも様々な話をしましたが、「半信半疑でヤマカワプログラムを続けて来てこんなに良くなったじゃないか」と言われ、もっともっと今までの教えを生かしてデントコーンの作付をしようと火が付きました。

ヤマPデントコーンがどのように成長していくのか楽しみです。

I ガラシよ、神話になれ

 s-280415.jpg

今日はふらの農協の総代会がありました。

青年部の部長は300人以上いる総代の前でTPP決議案の読み上げをさせられます。

今年の部長は堂々としていましたが、来年は僕の役回りなので、見ていて胃が痛くなりました。


話題は変わり、今日は突然山川氏からの着信が。

前々回のスラリーの記事をみてうれしくなったといって電話をくれました。まあ、通話中の8割は怒られていましたが・・・。

今回の怒られた内容としては・・・、

鹿「元牧草畑にデントコーンを作付ける場合、今までは除草剤を3回(牧草枯らす→播種時の土壌処理→4葉期の茎葉処理)使っていたがやり過ぎな気がしている」
山川氏「デントコーン畑に草ひとつないという状態は偏っている状態だ。牧草とデントコーンの根はうまく住み分けるものだ。掘ってみてみろ。どうしても牧草が邪魔という時は今までよりかなり除草剤量を減らして撒くと良い。そうすることで、デントコーンがうまく住み分けをして根を張るはずだ」

鹿「いずれは化学肥料を使わずに牧草を収穫したい」
山川氏「化学肥料が全くの悪というわけではない。そればかり使って作物を育てようとするから畑に不調和が起きる。まずはスラリーを撒いて、それから味付け程度に微量の化学肥料を撒くことで、効きがかなり良くなるはずだ」

山川氏「あまり考えるな。掘ってもいないのに土の中を妄想して余計なことをするな。堆肥やスラリーが臭わなくなったのはどうしてだ。光合成細菌をかけて後は何もしてないだろう」
鹿「oh・・・」

山川氏「余計なことを考えずに、自然に寄り添っていけばよい結果が得られるはずだ」
鹿「わかりました、考えてみます」
山川氏「だから考えるなっての」

昨年一緒に昼食をとった席では、「あんたはヤマカワプログラムの半分はわかってきた」とほめられましたが、今回はあともう一歩だと言われました。

今年一年、畑や牛がどのように変化していくのかとても楽しみです。

瞬間、肉球、重ねて

 s-280401-1.jpg

ニス塗り前の写真ですが、牧場看板の塗装が完了しました。

前回紹介した猫のタマは無事去勢を終えて住み着いていた麦わら倉庫に戻しました。

s-280406-2.jpg

妻と子供たちは保育所の帰りに寄ってタマにご飯をあげています。

あまりご飯をあげるとネズミを捕らなくなってしまうのではと心配ですが、かわいくてしかたがないようです。

餌をやり終えて家に帰ろうとすると車に乗ってくる始末。

s-280406-3.jpg

弟君は一緒に家に連れて帰ると泣き出す始末。

s-280406-4.jpg

2日には弟君の保育所入所式がありました。

今まではママに用事があるときだけ一時保育で預かってもらっていましたが、これから平日は毎日保育所です。


今日は随分雪も解けてきて、牧場のスラリー(液状堆肥)の保管場所もあふれそうだったため、吸い出して畑に少し撒きました。

スラリーの吸い出しはトラクターにバキュームカーを装着して行います。

以前は吸い出すとき、牧場内にものすごいアンモニア臭が蔓延していましたが今日は全くの無臭でした。

ヤマカワプログラムを始めて4年。毎日堆肥に光合成細菌を撒き続けて徐々に臭いは軽減していましたが、まさかこんなに臭わなくなる日が来るとは。

以前山川氏に言われましたが、臭うということはそれだけ堆肥の窒素分を消費しているということだそうです。

このスラリーにはとても可能性を感じました。

今年は牧草畑の一部を試験的に化学肥料を使わずスラリーのみで施肥予定です。

上手くいけば購入肥料代を減らすことができ、良い牧草収穫にもつながりそうで非常に楽しみです。

元老、襲来

今日は以前より注文していたタブレットipadmini4が届きました。

 s-280120-1.jpg

ある特殊な方法により2,000円で手に入れました。

s-280120-3.jpg

大きさはこんな感じ。ファームノートの入力も楽々です。

1月17日はヤマカワプログラムの実践報告会があり、僕も山川氏よりパネラーの依頼を受けていてのですが、当日の朝の作業中に背中を痛めてしまい出席できなくなってしまいました。

行きつけの整体に行きなんとか回復し、今日の午前中の作業をしていると、ふらの山P研究会の前会長、宮本さんが特製の湿布を持って訪ねてきてくれました。

宮本さんは山川氏から元老(ゲンロウ)と呼ばれており、富良野地区にヤマカワプログラムを招聘した第一人者です。10年以上前からプラウ耕起、特に秋耕しに警鐘を鳴らしておられ、今や山川氏のことをまるで神様を拝むかのように崇拝しています。

なかなか高齢の農業者はプラウを使わない不耕起栽培のヤマカワプログラムに抵抗しがちですが、この方の土に対する確固とした考え方とヤマカワプログラムを受け容れられる柔軟さ、とても尊敬しています。

今日持ってきてくれた湿布も当然山川氏の光合成細菌入り。光合成細菌の波動は肩凝り腰痛に効くらしいです。

宮本さん「実践報告会、良かったよ!山P実践のリンゴも美味しかった。山P研究会の若い人は山Pやりたいんだけど親父さんと対立するようだ。今度親父さんを説得しに行くよ!」
鹿「穏便におねがいします」

背中の調子、とても良いです。ありがとうございました。
プロフィール

hirovsushi

Author:hirovsushi
北海道、富良野管内で逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、ニゲチャダメダ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
PR