FC2ブログ

distance

 s-300805-03.jpg

南富良野町と友好の町関係の沖縄県本部町産シークヮーサードリンクセット。

以前本部町との交流会があった際にお土産で持って帰り、妻に大好評だったために今回ふるさと納税を活用してお取り寄せしました。

ストレートではかなりの酸っぱさなので、ソーダなどで割って楽しみます。

s-300805-01.jpg

7月下旬から麦の収穫が始まり、並行して僕らも麦わらロール作業を行いました。

写真のツインレーキはM川さん。

下金山・金山地区の様々な農家の圃場をまわらなければならず、迷子にもなりかけましたが健闘しました。

その様を見ていた畑農家の方々も「あいつできるやつだなー」と感心していたようです。

s-300805-02.jpg

ロールベーラーは僕の仕事です。

2枚の写真からもわかるように今年は本当に麦わらの収量が少なかったです。

昨年からの気象条件が良くなかったことに加え、近年このあたりでは大豆の作付が増え、麦の作付が減少したことも原因です。


7/29は地元の「かなやま湖水祭り」、今日8/5は占冠村の「ふるさと祭り」青年部として毎年恒例の餅つきをしてきました。

s-300805-05.jpg

僕の雄姿を貼っておきます。

湖水祭りでは花火大会が有名で、今回も短いですが動画を撮影したのでご覧ください。

[広告] VPS

今日のふるさと祭りではクウの姉妹犬のクマと久しぶりに再会しました。

2匹は10年前のふるさと祭りで里親を募集していた時の犬で、早くも10歳になりました。

s-300805-04.jpg

嫌がるところを無理やり近付けて姉妹ショットを撮影しました。

雨、(本当に)逃げ出した後 2

国際農業機械展の続きです。

鹿野牧場で農機メーカーにおいて一番取り引きのあるヤンマー(ジョンディア)のブースへ。 

s-300714-12.jpg 

。o〇(そろそろ新しいロールベーラー欲しいなぁ)

s-300714-13.jpg 

子供用のミニトラクター。すっかり気に入って5回以上乗っていました。

s-300714-11.jpg 

ここでも試乗は欠かせません。

s-300714-14.jpg 

主に搾乳機器を取り扱うオリオンのブースへ。

s-300714-15.jpg

オリオンは外観のデザインが凝っていて良いインスタ映えポイントでした。

 s-300714-16.jpg

日立建機の双腕仕様の油圧ショベル。人の両腕のような動きが実現可能です。

 s-300714-17.jpg 

アブ捕獲用のアブキャップ。展示会では大型農機だけではなく、こういったアイディアが凝らされた新商品を発掘するのも醍醐味です。

s-300714-18.jpg

ジョンディアキャップが売っていたので、自分たちとM川さんへのお土産にと購入。

天候にも恵まれ楽しいイベントでした。会場では食彩祭も開催され十勝の美味しい飲食店が出店しており、そちらでも楽しめました。特に JA十勝清水のブランド牛「十勝若牛」ステーキはとてもおいしく感激しました。



s-300716-01 (1)

昨晩は天気が良かったので家族で花火をしました。写真はドローンで撮影。

s-300716-02.jpg

夜8時に生ごみを捨てに来たという変人M浦君もいれてあげました。一番楽しそうでした。

雨、(本当に)逃げ出した後

前回のログで牧草切込作業の様子を紹介していましたが、その後北海道全域で雨の日が続き鹿野牧場では牧草収穫がすっかり滞ってしまっています。

切込作業は終わっているものの、30ha程の牧草地で収穫できていない状況です。

来週からは天気が回復する予報なのでそこでなんとか頑張りたいところです。


昨日は家族プラスM浦君で「国際農業機械展in帯広」へ行ってきました。

4年に一度世界中の農業メーカーの最新鋭の農機具と技術が集結するとあって会場はかなり混雑していました。

写真を大量に撮ってきたので展覧会の様子を紹介します。

s-300714-01.jpg

最近のトラクターはデザイン性が高いものも多いです。

s-300714-02.jpg

普段このあたりではなかなかお目にかかれない大型のトラクター。

s-300714-03.jpg

装着されている作業機はパワーハロー。巨大すぎて折りたたんで移動します。鹿野牧場にあるパワーハローの3倍以上の大きさです。

s-300714-00.jpg

コックピットに試乗できるものもあり子供たちも喜んでいました。

s-300714-05.jpg

こちらはニューホランドのブース。鹿野牧場でも以前はこちらのフォーレージハーベスターを使っていました。

s-300714-06.jpg

日本では未発売の400馬力を超える大型トラクター。ちなみに鹿野牧場で一番大きいトラクターで110馬力です。

s-300714-07.jpg

近未来を感じさせるデザインも。

s-300714-08.jpg

フォーレージハーベスター担当のM浦君も最新の機械に興味津々。

s-300714-09.jpg

様々な趣向が凝らされた展示が目を楽しませてくれます。妻と子供たちが特に喜んでいたのがこちらの手作り牛舎模型。ちなみにソーワテクニカという主に畜産用扇風機を扱っている会社のブースです。

s-300714-10.jpg

除草剤を散布するズームスプレイヤーも数多く展示されていました。

この日は曇り空で、野外のイベント的には過ごしやすい気候でした。

写真が多いので今回はここまでにして、近々第二弾をアップします。

覚醒(始まったな)

6月より牧草収穫作業を行っています。

まずは非常に好天に恵まれた上旬に乾草ロール作業を行いました。

作業行程は、①モアコンディショナー(草刈)②テッタ(牧草乾燥)③ジャンボレーキ(牧草集積)
④ロールベーラー(乾草ロール完成)です。

s-300617-04.jpg

写真はモアコンディショナーで牧草を刈っているところです。

s-300617-01.jpg

良く乾かした牧草をジャンボレーキで集めている写真です。M川さんに担当してもらいました。

この後ロールベーラーで乾草ロールの完成です。

s-300617-03.jpg

出来立ての乾草を早速牛に給与。良い香りがするので集まってきて美味しそうに食べてくれます。

昨日からは切込作業を行っています。

作業行程は①モアコンディショナー②フォレージハーベスターによる収穫(牧草細断)③ダンプによるバンカーサイロへの運搬
④ホイルローダー踏圧⑤密封

s-300617-05.jpg

モアコンで刈った牧草をハーベスターで細断しながら収穫しています。担当はM浦君です。

s-300617-06.jpg

ダンプでバンカーサイロまで運搬します。

s-300617-07.jpg

運ばれてきた牧草はホイルローダーで薄くのばしながら踏み固めます。あまり傾斜をつけないようにするのがコツです。

s-300617-08.jpg

モアコン及びホイルローダーは僕の仕事です。

僕の雄姿は妻が撮影してくれました。

踏圧作業は牧場内で一番エラそうな人が行うのがミソです。ほかの作業者を待たせてもしっかり踏み込むことが重要であり、遠慮しないで待たせることが必要だからです。

しっかり踏圧することで牧草サイレージ(発酵飼料)の品質も向上します。

天気がよく全くトラブルも発生しなかったので2日間でバンカーサイロ一基詰め終りました。

鹿野牧場の機動力が発揮できました。

s-300617-02.jpg

途中、6/10にお姉ちゃんの通う小学校の運動会があり、伝統のよさこい演舞をとても頑張っていたので写真を貼っておきます。

完璧なユニゾン

s-300603-02.jpg

この数日間初夏の陽気が続き、早くもアゲハチョウが花にとまっていました。

s-300603-05.jpg 

家の横に植えている林檎の花も咲きましたが1週間ほどで散りました。

5月上旬から堆肥撒きを開始し、20日頃よりデントコーン播種作業を行いました。

s-300603-01.jpg

毎年恒例ですが作業行程は、①堆肥散布②ディスクハロー③パワーハロー④播種⑤鎮圧⑥追肥⑦土壌処理。

書いててこんなに多かったかという感じです。

パワーハローはM川さん、鎮圧はM浦君に任せました。

今後二人とも様々なトラクター作業ができるように指導していく予定です。

5月末に播種作業のすべての工程を終えることができました。

s-300603-04.jpg

今日圃場を見てみると早くも発芽が確認できました。

初期生育の天候は非常に重要です。数日間は好天が続く予報なのでさらに発育が進みそうです。

4葉期ほどで茎葉処理を行います。

s-300603-03.jpg

迷路を作ろうと家の横の畑にひまわりを植えました。

昨年はデントコーン用の真空播種機を使用してあまり密生しなかったので、今年は手動の肥料撒きを購入して肥料と共に播種しました。

覆土(種を撒いた後に土を被せる)にディスクハローを使ったためか若干発芽むらができてしまい、迷路ができるほど密生するか微妙です。
プロフィール

hirovsushi

Author:hirovsushi
北海道、富良野管内で逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、ニゲチャダメダ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
PR