FC2ブログ

吹雪の中心でバンと叫んだんだもの

今年の子供たちのクリスマスプレゼントはLaQ(ラキュー)というパズルブロックです。

LaQは四角と三角のパーツに5つのジョイントパーツをつないで平面・立体が作れます。

s-301228-02.jpg 

試しに本を見ながらライオンを作ってみました。

パーツの組み合わせ方によって可能性は無限大で、子供たちの知育に最適です。

s-301228-03.jpg 

弟君と妻の合作のティラノサウルスも掲載しておきます。




s-301228-01.jpg

先日、会社の皆とクリスマスパーティーを実施。

M川ベビーも髭眼鏡デビューさせておきました。

今年も同じメンバーで年末が迎えられて嬉しい限りです。



最後にクウの一発芸の動画で今年の鹿野牧場netを締めくくりたいと思います。

[広告] VPS




一年間お付き合いいただきありがとうございました。

また来年も鹿野牧場netをよろしくお願いします。

続きを読む »

遥か彼方の牧場

s-301215-20.jpg 

久しぶりにお寿司を握りました。

s-301215-22.jpg 

今日の集大成の一貫。いかがでしょうか。

以前アップした時よりもレベルアップしているかと。




先日子供会の行事で富良野市麓郷にある「ふらの硝子」にてジェルキャンドルの製作体験をしてきました。

s-301215-01.jpg 

お姉ちゃんが持っているガラスの器に、ガラス小物や砂を配置してジェルワックスを流し込んでキャンドルを作ります。

ガラス小物は色々な種類があるので目移りしてしまいます。

s-301215-02.jpg 

お姉ちゃんはバンビと牛のガラス小物と貝殻を配置。ここにジェルワックスを流し込んで完成です。

s-301215-11.jpg 

こちらが完成品。

砂を層に色分けしているのがポイントです。




 酪農業界は如何に重労働を軽減させるのかが一つのテーマになっています。

鹿野牧場では搾乳牛を減らし、和牛にシフトしていくことでそれを図ろうとしていますが、今回は「AI」「IoT」を駆使して省力化・規模拡大を目指している牧場を紹介します。

s-301215-03.jpg

数年前に紹介したことのある地元のY牧場。

この夏に完成したばかりの牛舎を見学してきました。この牛舎、除糞と空調管理はすべて自動制御されています。

s-301215-04.jpg

餌も一日一回入れると、あとはルンバのようなロボットが自動で餌寄せしてくれます。
(ルンバは撮影し忘れました)

s-301215-05.jpg

さらに酪農最大の重労働の搾乳もロボットが自動で行います。

普段牛は先ほどの居住スペースにおり、搾乳ロボに入ると餌があたる仕組みになっています。

s-301215-06.jpg

ロボが乳頭の位置を認識してミルカーを掛けて搾乳します。

s-301215-07.jpg

搾乳中の牛のデータはこのようにモニター表示されます。何か異常があれば管理者に報告されるようになっているそうです。

s-301215-08.jpg

驚かされたのがこちらの設備。搾乳舎で発生した糞尿はこちらで固液分離され、固形の糞は60度以上で短時間で発酵されます。

s-301215-09.jpg

発酵を終えた物はベルトコンベアで堆積されます。ほとんど匂いがなく、戻し堆肥として敷料で再利用できます。

これらの設備は24時間稼働しており、何か異常があれば管理者に通知されます。

鹿野牧場とは何もかもがまったく別次元で驚かされっぱなしでした。

s-301215-10.jpg

機械倉庫も見学させてもらいました。展示品のようにピカピカな機械にはしゃぐおっさんたち。

ここの牧場は親父さんの代からトラクターや作業機を大切に綺麗にしています。経営者として儲かるヒントはこういうところにあるのだろうと、僕もこの牧場はずいぶん参考にさせていただいています。

二人目の適格者 2

 s-301119-16.jpg

今更な感じはありますがZOZOスーツを取り寄せてみました。

[広告] VPS

ZOZOスーツを装着してスマートフォンのアプリで体の各サイズを計測し、自分の体型に合ったスーツなどをオーダーメイドできます。

スーツ用のシャツが欲しかったのですが、スーツと合わせてでないと注文できないということで、今回はデニムパンツのみ注文してみました。

先日注文したパンツが届きました。体にフィットしているのでシルエットも良く想像以上に良かったです。

スーツについては経費で落ちないかと経理の方と交渉中。


M川さんのカナダ視察の続きです。

s-301119-09.jpg

ロイヤルの続きで、チャンピオンシップの様子です。

優勝を発表する際の審査員の演出が見ものです。

s-301119-17.jpg 

牛のみならず豚やヤギなど様々な動物が集まります。

s-301119-11.jpg

3日目はアメリカ・サンフランシスコへ渡り市内観光。

写真はゴールデンゲートブリッジ。

s-301119-12.jpg

市街地の観光も。クリスマスシーズンも近いので綺麗に装飾されています。

s-301119-14.jpg

夜の街並みもイルミネーションが施されてきれいです。

M川さんはスペイン語が話せるので、夜は一人でバーに繰り出し現地の方との会話を楽しんだとのこと。

かっけーー。

s-301119-15.jpg

Tシャツの他にも気を使っていっぱいお土産を買ってきてくれました。

今回の視察はM浦君の時よりも観光に重点が置かれている感じでしたが、一年間本当に頑張ってくれたのでちょうどいい息抜きにもなったのではないでしょうか。

もちろん酪農視察で学んだことも多いと思いますので、今後のM川さんの活躍に期待しています。

二人目の適格者

M川さんが鹿野牧場に入社して早1年半。

今後の活躍も大いに期待できると考え、2年前のM浦君同様7日間のカナダ・アメリカの酪農視察旅行に行ってもらいました。

 s-301119-01.jpg

先日無事に帰国したので、報告会という名の飲み会を実施。

旅行前に何かセンスの良い物をとお土産のリクエストしておいたところ、おそろいのTシャツを買ってきてくれました。

実は2年前にM浦君が買ってきたものと同じもので、あまり他にめぼしい物が無かったらしいです。

相当悩んだんだろうなと想像して笑っていましたが、それがM川さんのいいところです。

上の写真撮影は空気を読まずお土産のTシャツを着てこなかったM浦君。

s-301119-02.jpg

撮ってきた写真を見ながら報告を受けました。

s-301119-03.jpg

初日はカナダトロント。

写真は宿泊したホテルだそうです。かなりよさそう。

s-301119-04.jpg

トロントの牧場視察。

2年前のM浦君も視察した牧場で、フリーストールのサンド(砂)ベッドを採用しており牛が非常にきれいに保たれています。

s-301119-05.jpg

トロントを一望すると、まだ少し紅葉も残っており良い眺めです。

s-301119-06.jpg

その後はナイアガラ観光。壮大な眺めに圧倒される前に相当寒かったそうです。

s-301119-07.jpg

視察2日目は世界最大級の畜産博覧会「ロイヤル・ウインターフェア」を視察しました。

写真はSEMEX(シーメックス)というカナダの精液会社の牛の展示です。

s-301119-08.jpg

乳牛ショウに出場する牛たちの待機場。

待ちくたびれて牛と眠る男性がいい感じです。

写真が多いので続きはまた次回。

青い瞳の信じるものは

先月末、家族旅行で東神楽町にある温泉ホテル「森の湯 花神楽」に宿泊してきました。

s-301104-08.jpg

正面入口で記念撮影。もう随分紅葉も終わりなのが分かります。

s-301104-01.jpg 

夕食。こだわりが感じられる非常においしい食事でした。

s-301104-09.jpg

お風呂に入る準備中。僕と弟君のパンツは大阪USJ土産。

s-301104-02.jpg

少し贅沢をして露天風呂付客室にしたので、ゆっくり浸かることができました。




s-301104-06.jpg

今日はひまわり畑のひまわりの花を回収して来年用に種を採りました。

牧場の仕事が忙しくて時期がずれ込み、ほとんどの花で種が地面に落ちていてあまり量は取れませんでした。

今年は叶わなかったものの、来年こそはひまわり畑迷路を完成させたいです。

s-301104-07.jpg

家族で作業していると散歩をしていたにゃー(=・ω・=)が寄ってきました。

牧場に来た頃に比べて毛艶も良くふっくらしてきました。

シャムネコの血も入っているらしく、青い目が綺麗です。




s-301104-11.jpg

今夜は仕事がお休みだったので、ふるさと納税でお取り寄せしたマグロの調理をしました。

最初は刺身だけの予定でしたが、時間があったので妻に酢飯を作ってもらい寿司に挑戦しました。

s-301104-12.jpg

帯広高級居酒屋「弁慶九丁目店」元ホールアルバイトにして、プロの寿司職人に夜の遊びを教えてもらった僕が、

s-301104-13.jpg

これまでの経験をすべてつぎ込んで渾身の一貫を握りました。

301104-15.jpg

家族にはなかなか好評でした。もっとYouTubeで研究しておいしい一貫を追求します。
プロフィール

hirovsushi

Author:hirovsushi
北海道、富良野管内で逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、ニゲチャダメダ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
PR